研究内容


人の認知・判断・行動特性に主眼を置き、
人と機械のコラボレーションを支援するシステムの実現を目指す。

人と機械とのインタラクション

認知システムデザイン研究室では、ヒューマンマシンシステムの研究を行っています。特に、状況に応じた人間とコンピュータの協調のあり方およびそれを実現するためのヒューマンインタフェースの研究を行っています。

研究の2つのアプローチ

「認知工学的アプローチ」

人の認知特性と意思決定過程を考慮に入れ、人間が行うタスクを支援するシステムをデザインします。

「理論的アプローチと実験的アプローチの融合」

人間の意思決定過程の数理モデルを構築し、それを解析することによって、人間の振る舞いがどのような要因に影響をうけるかなどを明らかにするとともに、人間の振る舞いの予測を試みます。
ドライビングシミュレータなどでの心理学的実験を行い、実際の人間の振る舞いを観察して数理モデルを改良したり、数理モデルから有効性が示唆されるシステムデザインの認知工学的評価を行ったりします。

やや近い将来における実践を目指して

当研究室ではこれまでにも航空機におけるヒューマンインタフェースの研究などにも取り組んでいますが、ヒューマンファクターの視点を取り入れることが期待されている分野、また、そう遠くない将来に私たちのアイデアを具現化できる分野として、現在もっとも重点的に対象としているものは自動車です。
 自動車の高度自動化が進展していますが、状況認識支援の観点からだけでなく、自動化システムへの不信や過信あるいはオートメーション・サプライズを解消するためには、ヒューマンインタフェースはどのようなものでなければならないかを、自動車メーカーとの共同研究等で研究しています。