科学研究費 基盤研究(S)

人の認知・判断の特性と限界を考慮した自動走行システムと法制度の設計

研究目的

 交通事故削減や運転者の負荷軽減への寄与が期待されるなか、欧米ならびに日本で自動運転の実用化研究が推進されている。しかし、ともすれば技術開発が先行し、人に過大な要求をせず、人を慢心させず、人に価値や有効性をもたらす自動運転はどのようなものであるべきか、また、自動運転を想定した法制度はどのようなものであるべきか等は、未だに明らかになっていない。

 本研究は、これらの未解決問題を「工学・法学・心理学の融合問題」と捉え、人の認知・判断の特性と限界を考慮した自動走行システムを設計するための基盤理論体系を構築するとともに、自動運転の普及を想定した新しい法理論を開発し、それを具体化した法制度を提案する。

研究計画(平成29年度)

過去の研究計画

 本研究では、ヒューマンファクター(HF)、エンジニアリングデザイン(ED)、権限と責任(AR)の3つの研究アスペクトを設け、アスペクト内での研究推進と、アスペクト間でのニーズとシーズの相互提供を基軸にして視点・方法論が異なる研究者による工学・法学・心理学の分野融合的研究体制を構築することにより、人の認知・判断の特性と、自動運転レベルが運転者に求めるタスク・責任との間のミスマッチを明らかにするとともに、人と機械がたがいの能力限界を補いつつ状況に応じた協調を行い、交通事故削減、運転者負荷軽減、モビリティ向上等に貢献できる自動走行システムを実現させるための基盤理論・要素技術群を構築する。さらに、自動運転の普及を想定した新しい法理論を開発し、それを具現化した法制度を提案する。

 HF研究アスペクトでは、28年度までの研究成果を踏まえて、自動運転のためのHMI設計がshared mental model(shared situation awareness)にもたらす影響を明らかにするとともに、レベル2の自動運転中の「ドライバモニタリング」への新手法である会話を用いる方式について詳細な機能評価を行う。さらには、「想定外事象発生時のレジリエンス情勢プログラムの開発」のために、レジリエンス特性を図る心理尺度とドライバのレジリエンス能力を高める教育・訓練手法の開発に取り組む。

 ED研究アスペクトでは、28年度までの研究成果を踏まえ、権限共有方式と権限委譲方式との比較を行うとともに、権限委譲方式が必要な場合に権限委譲要請を予期できるようにするためのHMIの高度化を行う。また自動運転と手動運転との間をつなぐshared contorolモードを構築する。これらを各大学のドライビングシミュレータ上に構築して認知工学的実験を行い、状況認識の向上、警戒心の確保、過信・不信の視点から機能評価を行う。

 AR研究アスペクトでは、28年度の研究によって明らかになったレベル3の自動運転の不合理性が運転者過失の問い方・問われ方にどのような影響を及ぼすかについて、民事法、刑事法ならびに人間機械共生学の視点から詳細な解析を行うとともに、レベル3の自動運転の不合理性を解消するうえでレベル4の自動運転の意味を検証し、システムの要請に基づく権限委譲を境に運転主体がシステムから運転手に替わるケースにおける運転者過失に関する新しい法理論の構築を行う。

研究組織

研究代表者
  • 稲垣 敏之

    筑波大学, システム情報系

    副学長

    (60134219)

研究分担者
  • 伊藤 誠

    筑波大学, システム情報系

    教授

    (00282343)

  • 池田 良彦

    東海大学, 法学部

    客員教授

    (60212792)

  • 中山 幸二

    明治大学, 法務研究科

    専任教授

    (50366895)

  • 芳賀 繁

    立教大学, 現代心理学部

    教授

    (10281544)

  • 小松原 明哲

    早稲田大学, 理工学術院

    教授

    (80178368)

  • 田中 健次

    電気通信大学, 大学院情報理工学研究科

    教授

    (60197415)

  • 高橋 宏

    湘南工科大学, 工学部

    教授

    (80454156)

  • 和田 隆広

    立命館大学, 情報理工学部

    教授

    (30322564)

  • 中嶋 豊

    成蹊大学, 理工学部

    助教

    (90513036)